×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハコスカ専門店のラバーソウル

ハコスカをチューニングするショップと言えば大阪にある名店のラバーソウルですが、ハコスカを知らない人がラバーソウルと聞くと、ビートルズのアルバムのことだと思う人のほうが多いかもしれませんね。といってもかなり昔のアルバムですから知っている人は年配の人になると思うのですが・・・。旧車の世界では超有名で、ハコスカフリークの方々からすれば聖域みたいなところだと言えます。公式レースに昔から参戦していたショップなだけあって、車の作り込みは相当なものだといえます。レースでは負けなしと言われてるほどすごいのです。しかも、ハコスカのプラモデルにはラバーソウルモデルも登場するというくらいの人気度なのです!大阪で開催されたノスタルジックカーショウでも一際目立っていたのがラバーソウルさんでした。社長さんのハコスカから、実際にレースに参戦しているレースカーをさまで展示されていて、誰もが目を奪われます。ハコスカ一筋で、全てをハコスカに注いだラバーソウルさんならどんなハコスカでも作ってくれそうですね。ラバーソウルさんでは、純正を極限まで再現したレプリカパーツを販売していて、純正部品が高すぎて買えないようなことがあれば、何でもラバーソウルさんに電話して聞い方がいいですね。きっとなんでも答えてくれ、あなたの力になってくれますよ!

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ハコスカのかゆいところにラバーソウル

ハコスカのチューニングと言えばラバーソウルさんです。決してロックとかではないですよ!ハコスカのことならなんでもござれ!のラバーソウルさんですが、最近ではオークションでも色々なパーツを見かけますね!大きいパーツというよりも内装などの小物が多いですが、ハコスカくらいの往年の人気車ですと、内装がボロボロなことも多いですから、細かい部品をキレイにすれば、新車とはいわないまでも、かなり見違えますからね。ハコスカは、内装に木目のような茶色をアクセントとしたカラーですから、そのまわりの黒いパーツが変色したりして色が薄かったりすると、かなり古臭くボロく見えてしまいますから。そこをシャキッとした黒でキメれば、高級感すら感じるほどに違います!シフトノブなどもやはり純正にこだわりたいところですが、状態のいい純正パーツを探すことなんてほとんど無理ですからね。ラバーソウルさんでは、レプリカ品として純正に近い部品を開発して販売しているという事ですから、お客さんの欲しい物がわかるラバーソウルさんは、まさにハコスカ大好きな方々のハートをガッチリつかんでいるチューニングショップなんだと思います。手の届かない、かゆい所に手を伸ばしてくれるようなお店はホントにうれしい限りですね!

ハコスカの45グリルについての雑談

ハコスカってグリルが違うだけで、本当にいろんな顔をしていますよね!人それぞれでこだわりもハコスカの好みも違い、グリルの趣味もさまざまです。そこで、数多くあるグリルの中から、現在、一番人気と言われている45グリルに関して、まだ私が芸術を理解できていなかった頃は、天才バカボンに出てくるキャラクターのホンカンみたいな顔だな、なんて思っていましたが、すっかりオジサンになってからそのグリルの芸術センスが理解できるようになりました。現在は、レプリカが出ているのですが、とても高価なので、同年代の1500cc、1800ccのグリルを流用するという方法もあります。でも、それだと、真中にあるNマークが違うんですよね!しかし、最近はそこにこだわりを持つ方々のために、真中のNマークのみのレプリカが発売されました!なんというこだわりでしょう。あのグリルのNだけの為に!ハコスカの世界はなんて深いんでしょうか!バンパーに関してはオーバーラインはメッキ縁取りがとれて、少し膨らんだ形状になりました。そしてあの、こだわりを感じさせたヒゲのモールは廃止になってしまいました!やはり、あのヒゲモールはコスト高だったんでしょうかね。それにしてもあっさり辞めてしまうのは少し残念です。復活を期待します。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 ハコスカ専門店ラバーソウル